キッチン調理ツール

Back

S10754

濃州孫六作 古流和包丁3本セット

日本でも有数の刃物の町として有名な岐阜県関市で製造された包丁。鎌倉時代後期に刀匠「元重」が関を訪れ、刀鍛冶を始業したのを発祥とし、室町期には多くの匠が集い、名刀の町として繁栄しました。時代を越えたその伝統技法と名工の技を継承する「濃州孫六作」の包丁。伝統的な鎚目模様の古流仕上げの包丁です。刀身に適度な重さの特殊鋼、白木の柄は持った感触が柔らかく、手に馴染みやすいです。

■商品サイズ:(三徳包丁)全長約29cm・刃渡り約17cm、(菜切包丁)全長約29cm・刃渡り約17cm、(小出刃包丁)全長約24cm・刃渡り約12cm ■素材:刀身=ステンレス刃物鋼、柄部=白木 ■原産国:日本